今年もおいしい黒枝豆ができますようにー農知プロジェクト

今月の農知プロジェクトは、毎年恒例黒豆の種まき。 そして定植。 種を蒔いてから2週間でこんなに育ちます。 朝まで雨が降っていたから、畝の間は水溜り。 みんなで植えた黒豆が、枝豆で食べられるのは 4ヶ月後の10月。 去年は水没したり、干ばつにあっ…

いよいよ本番!でっかい梅がいっぱいとれた梅雨の中空

異常気象、○○年に一度の、 そんな言葉が普通になった最近は、 異常と普通が何なのかわからない。 梅の育つ季節に降る雨 今年の梅雨は雨が少なくて、 こんな青空(&猛暑)の下、 待ちに待った梅の収穫!! 立派な梅が鈴なり。 夢中でとり続けること5時間。 …

おいしい丹波篠山黒大豆のできるまでーまずは種まきー

ゴールデンウイークからの、 猛暑&日照りも小休止。 梅雨に入りましたね。 畑の準備も無事にひと段落。 黒豆の育苗が始まります。 いい苗ができれば、いい豆が育つ。 他の種は、土に水を含ませてから蒔きますが、 豆類は乾いた土に種を埋め込んで、水をしっ…

今年の除草はこれ!今までで一番の出来の予感

上農は草を見ずして草をとり 中農は草を見て草をとり 下農は草を見て草をとらず 古くは中国から伝わることわざである。 まあ要するに、何事も早め早めにやれって事だと思う。 ということで、1回目の田んぼの除草ー! 今年はチェーン除草でいってみまーす。 …

北海道より、山菜の女王様来たる

ここ、丹波篠山でも春になると山菜は採れるけど、 やっぱり北海道にいたときに、 雪解け時期の山に入って探した あの山菜たちの思い出にはかなわない。 その中でもやっぱり一番はこれ。 行者にんにく(アイヌネギ) 裏山に生えてたといって送ってきてくれま…

干したものって奥深い味がする

スーパーに行くと、いつでも欲しいものが買えるけど、 自分で作っていると、その時に収穫できるものを、 とれなくなるまで食べ続ける事になる。 ちなみに今とれるのは、 スナップエンドウ 赤玉ねぎ さすがにそれではいろいろ寂しいので、 たくさんとれた時に…

田植え終わったー!今から1ヶ月が勝負!

毎日毎日が飛ぶように過ぎていく。 「苗半作」 という言葉がある。 苗の出来で、収穫の半分は決まるというくらい、 しっかりした苗を作るのはすごく大切。 なんだけど、なかなかこの苗作りが難関である。 いつも温度が足りなくてなかなか育たないんだけど、 …

田植え前のどろんこ三昧ー農知プロジェクト

最近の若いもんは・・・ なんていうと、年寄りくさいけど たまに思うようになってきた今日この頃。 今日は毎月恒例、 農を知る、農知プロジェクト 田植え前の田んぼで泥んこになる日 でした。 初めは、水が冷たいーってさわいでた子も 泥まみれ。 最後は平ら…

畑掃除してたらルバーブ出てきた

立春を過ぎて、植物がぐんぐん育ち始めた。 ずいぶん日も長くなってきて、 待ったなしの今シーズンも始まっている。 毎年始めに、どこに何を植えようかを決める。 で、今年黒豆を作る予定の畑を見回っていたら、 一昨年植えて、去年の水害と旱魃で枯れたと思…

熟成一年ものの黒豆味噌、開封ー!

去年の3月に仕込んでいました 黒豆味噌をいよいよ開封ー!! おいしそうにできた、熟成一年もの。 黒豆味噌なのに黒くないのは、 一つ一つ皮を全部取り除いているから。 この一手間でなめらかなお味噌に仕上がります。 今回開けた壷一個分 全部で10キロほ…

令和初日は餅つきで!

実は今日、誕生日。 巷は令和だ、丹波篠山だって盛り上がっていますが。 (本日をもちまして、篠山市が丹波篠山市に変わりました) で、農家八百よろずには、 今年一組目の農家体験のお客様。 餅つきがしたい!とのことで、 小雨の降る中、季節はずれだけど…

今日のご飯は竹の子ご飯

連休初日の今日は、小春日和。 今年は10連休だとか。 町は人や車がでいっぱいなんだろうけど、 行き止まりの集落はいつも通り。 あー、平和が一番。 毎月一回、神戸から子どもたちがやってくる。 農を知る、農知プロジェクト。 今回は、竹の子採り。 大人…

田植えの準備、始まってます

ソメイヨシノが散って、そろそろ八重桜の季節。 篠山は、田植え準備の真っ盛り。 水を入れて平らにならしています。 この土管を通って、 田んぼの中に、水が流れ込んでいくんだけど。 ちょっと水が足りないなー。 今年の田んぼはこの二枚。 ゴールデンウイー…

タラノメを大量に食べるための技

篠山のソメイヨシノは、今、真っ盛り。 買い物に行く道が いつもの100倍、楽しい。 さて、今日はタラノメの大量生産大作戦。 「ふかし栽培」というらしい。 山に自生しているタラノキのタラノメは、 木の一番上の新芽をいただくので、 一本に付き一個しか…

山菜がなかなかないから育ててみるーオオバギボウシ

北海道にいた時は、 春は野菜代わりに山菜ばっかり食べていたので、 こっちでも探すけれど、 なかなか里山には山菜は少ない。 なので、いっそのこと育ててみようと思う。 今日の陽気で出てきたオオバギボウシ。 紫のはかま部分は取り除いて、今日は天ぷらそ…

緑色のカエルが全てアマガエルなわけではない

最近毎日のように、菊芋を掘り続けている。 篠山の土壌は超粘土質で、 それがおいしい黒大豆を育てるんだけれど、 芋とか人参とかは、掘るのが結構大変。 芋なのか粘土の塊なのか 少しずつ掘っては、手で崩して探していく。 そうしていると、土の中から芋だ…

今年は2トンの保田ぼかしを作ります

まだまだ、朝は霜で真っ白な日も多いけれど、 少しずつ畑に緑が増えだした。 そろそろぼかし肥料を作る季節。 ここで作るのは、 農業大学校の研修で教えてもらった 「保田ぼかし」 米ぬか 油粕 魚粉 カキ殻石灰 を、絶妙のバランスで混ぜて、 乳酸菌で発酵さ…

未発酵の有機質の一番簡単な使い方

未発酵のものを土の中に入れないこと。 簡単そうだけど、なかなかこれが難しい。 その中で、一番単純な方法がこれ。 この間もらってきた剪定枝のチップ。 腐葉土にするには1年以上もかかるので、 こうして木の根元に撒いておく。 土の中に入れるのはだめでも…

有機質の肥料を使うときの鉄則

植物を育てる土の中に、 未発酵のものを入れないこと。 有機質の肥料を使うときの鉄則らしい。 未発酵っていうのは、 水分を含ませて置いておくと熱を持つもの。 植物や動物由来の物質は、 完全に分解されるまでの間、 適した水分量を維持してやると、 ちょ…

原木しいたけの出る季節

しいたけがどこから生まれるか。 菌床とか、原木とか、 自分が作るまで気にした事なんてなかった。 山に置いてある原木しいたけは、 春と秋の二回、 気温が10度くらいになると出てきます。 なので、こんなのを見つけると、 そろそろ春だなーと改めて思いま…

冬の唯一の商品 菊芋のおいしい食べ方

冬野菜の植え付けの時期と、 丹波篠山黒枝豆の出荷時期が ばちっと重なり合うため(言い訳) 今は冬野菜はほとんど作れていません。 その中で、唯一の出荷商品がこちら 菊芋です。 最近はテレビとかで紹介されているようで 割と人気商品です。 天然のインシ…

古民家の悩み、ひとつ解決

古民家に住んでいると とれた米や豆の置き場所に困ります。 どこにでも置いておくと、 どこまでもねずみがやってきます。 なので今までは、部屋の隅に山積みにして 一緒に寝ていました笑 これがあればもう大丈夫。 冷蔵コンテナ! お米や豆がたくさんとれて…

今年は去年から気になっていた「鉄ミネラル」という液体を使ってみる。

おいしいご飯を食べないと毎日の元気が出ないように、 作物だって土にしっかりと栄養がないと しっかり元気には育ってくれない。最近の一番の悩みは、 土にどういう形で栄養を加えるか。人によって、本や文献によって いろいろ言う事が違っていて、 結局のと…

農村での楽しい遊び方

子どもの頃 夏になると、田舎に行くのが楽しみだった。 海で泳いだ次の日は川で泳いで、 また次の日は海に行く。ここには海も川もないけれど、 畑や田んぼや山がある。ここにあるものを使って 来てくれた人に楽しんでもらう。 どうしてやろうかといつも考え…

農地がたくさんありすぎる

農村はどこも人手不足。それは後を継ぐべき子どもたち(といっても もうすでに60台の定年間近だったりする)が サラリーマンになっているのがほとんどだから。ちなみに今住んでいる地区 (The 農村って感じの地域)の中で、 専業で農業をしている人はいない…

薪割りし放題

春が来て、畑仕事が忙しくなる前に 最近の日課は、裏山掃除です。 どこを切ったかわかるかな? こうやって目に見えてすっきりすると気持ちがいい。暖房と給湯が薪なので、 冬も暖かく過ごせるための一仕事。野菜はないけど寒いからこそ楽しめることもある。 …

自分でつくったものを食べる幸せ

人生は旅である 色んなところが見てみたくて、お金をためては旅に出て、 自分の居場所を探していたけど、ちょっと小休止。昔、山にこもっていた頃、熊のように生きていきたくて、 でも食べるものがなくなって、食料を買いに里に下りるたび、 なんか違うと思…

コスタリカの車窓から

後ろ髪を引かれながら、コーヒー旅へ戻ります。 adios caribe hasta la vista :) バスの窓から盗み撮りー 道端で売ってるこういうバナナが絶対おいしいんだよな バス停の椅子。なんの再利用だろ 名前も知らない集落に続く道。この国はどこに行っても緑が豊か…

カリブはレゲエ

カリブ海に出ると、一気に黒人さん率が急上昇する。 痩せてても、太っていてもなぜか黒人さんは絵になるからずるい。 スーパーだってラスタカラーになっちゃうんだから お店だって 虫さえもなんだかファンキー 心が踊るにほんブログ村

ブリブリ族

本で読んで勢いだけで来たBribriという名前の町 目的地も定まらないまま歩くこと1時間あまり なんか着いたっぽい 植物のこと教えてもらうには時間が短すぎるけど、薬草使いのおじさんに色んな話を聞けた。 シャーマンの従兄弟が何人かいること シャーマンと…